精進と修行

映画と音楽と飲酒とエログロナンセンスが生き甲斐の熊本市中央区出身夢見がち21歳でーーーーーーす。たまにはクリエイティヴに生きてみたいですねーーーーーー。意味わかんねーーーよ死ねばーーーーーーか。

Because I'm happy

無欲、それが最大の課題です。

無欲、断捨離、無欲、断捨離 ……。

人間の三大欲求は、睡眠欲食欲性欲でしたっけ。しようと思えばそれすら限界まで抑えられないでしょうか。

あーん自分が許せない、自分の強欲さというか、自分勝手さが本当に気にくわない。考えるな考えるなと自分を制御したいけれど、考えるなと考えることでそれは考えていることと同義になってしまうのよね。

これ以上何求めますねんって、自分を制して取り敢えず息をし、取り敢えず生きているけれど、自分に嘘を吐く毎日はいつしか無理がたたって崩壊するものです。何もかも自分に素直に、自分を偽らずに生きていければそれは幸せ過ぎることで、それこそ『裕福』という意味なのでしょうが、こんな若い年齢の世間知らずのわたしがそんなこと叶えられるはずがありませんし。

うーん

取り敢えず。なんでもかんでも取り敢えず生活な自分が非常に気にくわない。許せない。自分の中の「自由」な感情と「苦しい」感情が交錯して、混在して、非常に気持ち悪い。自分の中で1と0が混在してしまって、なんとも形容しがたいこの吐き気。いつになったら自分の脳はすっきりするんでしょうか。

最後に脳がすっきりしたのは中2くらいの頃じゃなかったかな、それ以降何かしらの不安という名の暗雲が自分の思考を邪魔している感じがします。

だからどうした。だからどうするってこともないし、どうしたって(たとえば記憶が消えるとかでもしない限り)、自分の中のもやもやは消えないでしょうけどね。

べつにメンヘラぶって死にたい死にたいと言うわけではないですが、死ぬ瞬間の走馬灯がいちばん気持ち良い=エクスタシーということを信じて、それに向ってそれを楽しみに生きていく毎日です。その絶頂はきっと、自殺という安易な方法では得られないはず。大自然や性交渉では手に入れられない快感。どんなものか非常に気になります。正当にその快感を手に入れるためには、あと60年くらいは生きていなきゃだめかな(笑)まだまだ先は長いです。

自分の中で感情を潰せるとしたら、寂しさと嫉妬かな。

iPhoneから送信