精進と修行

映画と飲酒とピアスとホラーオカルトエログロナンセンスとバンド活動が生き甲斐の熊本市中央区出身の都内23区在住のグラフィック&動画デザイナーの有精卵夢見がちな精神異常の今年は年女23歳でぇ~すお仕事ください

【イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ】観た

19年5本目。

【イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ】観た

 

f:id:wammy4:20190207032907j:image


f:id:wammy4:20190207032937j:image

f:id:wammy4:20190207032928j:image

f:id:wammy4:20190207032932j:image

 

7年前の作品。最近何かとバンクシーが話題で急遽再上映が決まったことを知り即行ってきた。バンクシーは今作の監督兼ストーリーテラーであり全体的に焦点が当たっているのは別のアーティストだが後半から非常に皮肉が効いた展開で面白い。アートって何だ…笑

 

 


f:id:wammy4:20190207032958p:image

渋谷シネクイントでの上映後、ライター・翻訳の鈴木沓子氏、社会学者・東京藝術大学大学院教授の毛利嘉孝氏、漫画家のしりあがり寿氏のトークショーも観覧した。正直映画鑑賞前はバンクシーに対し全然知見が無かったのだけど興味俄然湧いてきた。取敢ず帰りに本作DVD借りてきたわ。本当に良かった〜

 


本作粗筋はWikipediaが超簡潔明瞭に著しているので引用

❝ 映像作家のティエリー・グエッタは覆面芸術家のバンクシーの存在を知り、彼に接近してドキュメンタリー映画を撮ろうとする。しかしバンクシーはティエリーには映像センスが無いことに気付き、逆に自分が監督して彼の映画を撮ることにする。 ❞

 

https://filmarks.com/users/wammy4