精進と修行

映画と音楽と飲酒とエログロナンセンスが生き甲斐の熊本市中央区出身夢見がち21歳でーーーーーーす。たまにはクリエイティヴに生きてみたいですねーーーーーー。意味わかんねーーーよ死ねばーーーーーーか。

ノート

生きることは動物の本能なのかも知れんけど生きること=正しいことなの自然の摂理ってことは正しいことなのかも知れんけど なんか最近のわたし親が悲しまない為に生きてるって感じする悪い例えだけどもし親や身内が既にいない身だったらとっくの昔に死んでると思う汚物製造機のまま


ゲームしてても楽しくないしマンガ読んでも一気に1冊読めないし音楽は同じ曲を何回も何回も聴いてて毎日百円のコンビニコーヒーを買いに行って後それから化粧も毎日しなくなってすっぴんで出掛けてばっかだしだる着で外に出るのも怖くなくなった髪もセットせずひとつに結ってるだけ爪は毎日の様に切る


最近黒染めした部分が茶色く戻って来ていたのでその部分を黒染めはしたけれど最近は視力矯正の為のカラコンのみで眉も描かずに外に出るコテも長らく使ってない 所持金は小銭を除いて全て口座に入れ嗜好品は紅茶と珈琲くらい 食事はほぼ夕食のみでほかほか白米と梅干と熱い緑茶があればそれで満足

好きだった元バイト先のご飯を家に持って来て貰えたので温めて食べたら吐きそうになって涙を堪えつつ八割方食べたけれど完食には至らなかった


ダブスタする人って結局自分が一番可愛いのだろうけど絶対何処かで暴露るのによくそんなこと出来るなと思う。普通にうそ吐くよりはるかに暴露易くないか。私も自分一番可愛いだし適当発言ばかりだけどダブスタ発言したことはないと思う多分(どっかでしてたら御免なさい)


まあダブスタ星人も大きく言えば嘘吐きのなかに入るのかも知れないけれどね… 幾ら慈愛の精神でもってもダブスタされちゃ擁護援護しようが無いし全員に同じうそ吐きまくってる人より信用性無いし… どっちもどっちかも知れんけど。八方美人は嫌われるってこった。


詰まる所何が言いたいかって言うと加速する女嫌い。女嫌い過ぎてアレルギー反応だ 女嫌いは公言しているけれど女らしい化粧やら服装やらする自分がいてどうにも変な気分。人間に性別なんて無けりゃ良かったんですよ!人間は人間であり繁殖もただ動物という個体同士で出来る様に設計して欲しかったんで...


取敢えず女が複数いりゃマウンティングからのダブルスタンダード祭りわっしょいわっしょいパレードタンバリンシャンシャン。卍我等友情永久不滅卍って言ったって結局信じられるのは本当少ない一握り一部の人間だけですよ ゎたし人間不信なの…✝とは言わないけれど今時全面信用なんて難しい世の中だわ


先程番組で観たなんでん社長の老け顔が強烈過ぎて世の中の栄枯盛衰をひしひしと感じ恐怖に震える夜。自分も世界の波に溺れ老け死ぬくらいなら若い内に死にたい ぎおんしょうじゃのかねのこえ しょぎょうむじょうのひびきあり しゃらそうじゅのはなのいろ じょうしゃひっすいのことわりをあらわす


諸行無常移ろいゆく浮き世人の心留まらぬとしても


先日高校1年時の修学旅行で流星を見たという話をしてね それが人生初流星だったから取敢えず咄嗟に 金!金!金!って叫んだのを思い出したんだけどまったく叶っていない気がするので私はもう流星なんて信じないね


ハロウィンも出歩かなかったし誕生日も特に嬉しいイベント無かったしクリスマスはもっと何もないし年越し蕎麦は海老の尾を残したし初詣は行かなかったしバレンタインは特別なチョコ用意しなかったし雛人形もまだ出したままだし深夜に爪だって切っちゃうけどまだ生きてる


本当に心の病を治したければ薬など飲まずに精進料理でも食べて摂生して写経をする方がずっと良いに決まっている 私も1日修行体験に行ってみたいと考えたことはあるが1日体験を修行と呼べるのか疑問に思った時点で行くのを躊躇ってる 面白半分思い出作りって訳じゃないが出家したい訳でもないです


ずっと前定期カウンセリングを受けていたころ担当の人と話すというより絵を描いたりパズルを組んだりして時間が潰れていったすぐに通うのをやめた 話をしたいわけでもなくだからと言って絵を描きたかった訳でも不得意なパズル遊びをしたかった訳でもない 無駄じゃないが有意義とも言い難い時間だった


争いあるところに許しを 分裂あるところに一致を 疑いあるところに信仰を 誤りあるところに真理を 絶望あるところに希望を 悲しみあるところによろこびを 闇あるところに光をもたらしめたまえ~


地上天国を創造したいなら想念の浄化は必須 定期的に脳味噌と精神、というか前頭全野を丸洗いしたい感覚に囚われる


私は心=脳だと考えているけれど、脳死=心の消滅と言って良いのだろうか


私は心=脳だと考えているけれど、脳死=心の消滅と言って良いのだろうか。少なくとも生きている人間なら心はあるだろうし心が無く脳が在るなんてのは非現実的だけれど…。脳が死ぬ=人間の死なの?命=脳なの?、とする場合もある、じゃなくて明確な答えが欲しい 心ってなんなんだろう脳ってなんなの


幸い、身近な人が亡くなる経験ってのがまだ少ないからいまいち身内や友人が亡くなる気持ちが分からない、分からないからこそ怖い。小さい頃から親が亡くなったときのことを考えて涙を流しその度に未来のことを憂いても仕方無いと妄想するのをやめるんだけど夢物語じゃないしね、順番はあるから怯える


心が死んだら脳も死ぬのかな 本当に何も感じなくなればそれは脳が機能していないことになるということかな。それはつまり脳が死んだら心が死ぬってことで…うーん、心の場所は脳であるとは仏教も言っているし何と無く分かるけれど仏教と脳科学を混ぜて考えるのは個人的にとても気持ちが悪い


心は脳であり自分が死んだら脳も死ぬけれど生前の記憶は極楽浄土にも地獄にも持っていけるとか。それもなんだかなー 疑問過ぎて調べてみたら自分の記憶は脳のみじゃなく魂にも記憶されているかららしい 奇跡とか偶然は信じるけれど霊魂とか魂とかは流石に信じられない… 死んだら終わりで良いよもう


そもそも科学的事実と非科学的論理をごっちゃにして考えるのが間違ってると私は思う 科学的人間だから非科学的なもん信じないとかいうことじゃなくてどっちを信じても良いと思うんだけどごちゃ混ぜにしたらいかんやろと。心はあるしそれは所謂脳かも知れないしそれは魂と呼ばれるのかも知れないしなあ


私はきっと天国にも地獄にも行けないと思うし六道輪廻とかあんまり信じていないから、汚くも極力摂生をし自然の法則に従って生きていけたらそれで満足だ 億万長者に成りたいとは思わないし普通に生きていけたらそれで。ただそれも難しいからあまり大口叩けないですけれどもね ……