精進と修行

映画と音楽と飲酒とエログロナンセンスが生き甲斐の熊本市中央区出身夢見がち21歳でーーーーーーす。たまにはクリエイティヴに生きてみたいですねーーーーーー。意味わかんねーーーよ死ねばーーーーーーか。

対人関係の条件

結婚生活に必要なことは家事スキルとかセックスの相性とか親御さんとの関係とか双方の年収とかそのへんだと思うんですけど
じゃあ結婚を前提としない恋愛関係にて重要視する点ってどこ?
性格、趣味の一致、インスピレーション、色々あると思うしその中には直球で顔、全体的な容姿の好み、声質あたりも普通に含むと思います。そしてそこにも家庭的な雰囲気が大事だとかセックスの相性が良いだとか家庭ぐるみで仲が良いとかお金持ってるから付き合ってるとかがあってもおかしくないとも思う。
でも理想と現実って必ずしも一致しませんよね。
私にも一応好きな男性というか男性の理想像みたいのはあるけれど今迄付き合って来た人が全員その条件をクリアしてるかって言ったら殆どクリアしていない人達ばかりだし、かと言って好きじゃないかって言うとそうでもなくとても愛情を持っていたからその人達を恋人と呼べるまでになったわけ。
だから理想と現実を必ずしも一致させる必要は無いと思うけれど、ぶっちゃけ最低限度みたいのは有る。
 
確かに私は色白で黒髪で線が細くて二重で目がぱっちりしていて歌が上手くてクソみたいな私を引っ張って行ってくれる先導者みたいな人が良いって思うけど、
その条件を満たさなきゃいけないよりも先ず、自分の趣味に共感せずとも理解または放置してくれなきゃ嫌だとか、自分のプライベートスペースは必要であり自分の時間を持てなきゃダメだとか、異性の友達を全員切るほど束縛監視されるのは嫌だとか、“これ破ったら別れますよ〜”的条件はある。
好きになる条件は必ずしも全部クリアしてなくてもやっていけるけど、嫌いになる条件は必ず全部スルーしてくれないとやっていけない可能性が出てくる。恋人関係も友人関係も結局はまとめて対人関係ということなのだから、特に恋人関係に限って言うことでもないけど。
人間なんて何が許せるか許せないかとかキャパシティは本当に人それぞれなのであって、それは言わなきゃ分からないと思うし1度ミスしたからといって即関係切り、なんてことは余程のことじゃない限り私はしないだろうと思っているしそれくらい寛容な人間でありたいと考えているけれど、何度も何度も同じミスを繰り返されると一緒に居ることさえ苦痛になってくる。
私はどちらかと言うとメンヘラはメンヘラでも好きになったら盲目タイプだから好きな人の言うことは全部守りたいと思うし、彼ピが嫌だって言うんなら嫌なことはしない!彼ピの精神を害する行為は私から断ち切らないとダメだぞ♡2度目は無いぞ♡って思うから、逆に私が嫌だと思うことを再三繰り返されると、結局私への好意はそんなもんだったのかな……と要らん被害妄想を始めてしまう。
もともと自分に好意を寄せてくれるなんて、なんて物好きなんだ本当に私のことを好いてくれているのか?他になにか目論みがあるのか?っていう自己否定感からスタートするしいつまで経ってもその気持ちは消えないから、尚更強くそう思ってしまう。どうしても人の好意を信じられないのは私の悪いくせなんだけど、恋人であれ友人であれ、嫌だと言ったことは繰り返さないように努力するのが勤めなのではないのかなと私は思う。それが対人関係を続けていくための“当り前”だと思うし、特に恋人;恋愛関係ならもっとデリケートに、気を付けていかねばならない部分なのではないかなと思う。
 
最初の一度なら、人によって行動パターンなんて違うしキャパの相違なんてあって当り前だから注意だけで済むしそこでギャーギャー怒ることは基本無いんだけど、嫌だって言ってるのに何度も何度も同じことを繰り返されると(わざとなのか忘れてるのか知らんが)小さなことであっても、感情が蓄積して最終的に爆発しそうになる。
貴方は平気かも知れないが、私は嫌なんだ。されたくないことだと毎回言っているのに、何故止めてくれないんだ。
あまりにも“嫌な条件”を繰り返し発動されると、好き好きの感情もどんどん嫌い嫌いの感情にそのままシフトしていってしまう。好きが溢れたぶんそのまま嫌いに逆流して溢れかえってしまう。
そうはなりたくないから、やめようねと最初から言っているのに。最初から嫌いだったら、やめようねとも言わないのに。良好な関係を続けていきたいから、気持ち良い間柄でいたいから、言っているのに。他人を変えるのは難しいことだとはわかっていても、控える素振りくらいは見せて欲しいというのは我が儘でエゴなんだろうか。
だらしがない生活を送る私でさえ好きな人に言われたことくらいは遵守しようとするのに。
 
深く考え過ぎなんだろうか。
自分が神経質過ぎるんだろうか。
考えれば考えるほど嫌気がさす。
上京してからというもの、その点うまくいかない。